0歳と4歳の子育て情報や懸賞生活と日常のやってみた!を記録するブログ。

【子連れお出かけ体験記】博多ポートタワーに登って来ました!@福岡市博多区

2020/04/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -
奈々子
南の島から福岡県に嫁いできて、現在3歳差兄弟育児に奮闘中の30代元干物主婦。福岡の子連れお出かけ情報、DIYや手作りのこと、懸賞生活のこと、日常におけるたくさんの「やってみた!」を備忘録として記録しています。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク

博多ポートタワーに行って来ました!

「こんにちは。奈々子です♪」

今回は博多区にある『博多タワー』に行ってきました。

博多タワーの良かったところ
★景色がきれい
★無料で登れる!
★福岡の街を知ることが出来る

どんな施設だったか、詳しくご紹介したいと思います♪

スポンサーリンク

『博多タワー』に遊びに行ってきました!

今回は長男坊の希望により「博多タワー」に登って来ました。

以前、じぃじばぁばと行ってきたことを覚えていたらしく

「はかたたわー、いきたい!」とおねだりしてきました。

記憶力いいわね。

 

博多ポートタワーの料金表

入場は無料です。

 

いざ入場!

 

博多タワーを真下から見上げ

「はかたたわー、ろぼっとみたい」と言ってきました。

へー!そういう風に見えるんだ。

 

博多タワーは無料で登れるというのが子連れには魅力的です♪

博多タワーや博多港の歴史など色々学ぶ事もできます。

小学生くらいになったら自由研究とかにもいーかも。

 

福岡市内や博多湾が一望できます。

この日は人も少なかったのでゆっくり見て回れました☆

 

200円約2分間覗ける望遠鏡。

こういうのやりたくなっちゃうんですよね。

 

長男坊大興奮!

 

目の前にたくさんの船やボートレースまで見えるので

キャーキャー言って見ていました。

 

 

5分に1回ペースで空港に降りてくる飛行機も見えました。

 

乗り物好きな長男坊にとってはたまらないスポットだと納得いたしました。

それで「はかたたわー、いきたい!」って言ってたわけね。

ついついやりたくなっちゃう顔ハメ看板があったので

旦那と長男坊にやってもらいました♪

 

無表情の父と何をやらされているのか分かっていない息子w

博多タワーを降りたら次はお隣のベイサイドプレイス内にあるアクアリウムでお魚鑑賞。

長男坊はエイとウミガメを一生懸命見ていました。

 

無料で魚鑑賞できるので、小さいうちは水族館行かなくてもここで満足してくれそうw

 

まとめ

お金をかけずに楽しむ事ができたので、子連れお出かけにはオススメなスポットです!

(かかった費用は駐車料金くらい)

ちなみに写真館やレストランなど、指定の施設を利用すると(要予約)

博多・天神から無料送迎バスが出ているみたいです。

ベイサイド親子無料送迎バス「シー・アーチン号」ご利用詳細ページ

これはこれで長男坊テンション上がりそうだな。

一度乗ってみたいです☆

屋内型の子ども用遊戯施設や一時預かり保育施設が設置されているなど、子連れに優しいお出かけスポットですね♪

「無料」という言葉に敏感な私は、次は是非ロードトレインに乗りたいと思っています♪

ベイサイドプレイス博多公式ホームページ

ちなみに博多タワーの正式名称は「博多ポートタワー」ですよ☆

アクセスがいいのも魅力的♪

良かったら子供とお出かけする際の参考にしてみて下さい☆

 

「お読み頂きありがとうございました♪」

 

博多ポートタワーの施設情報

  • 施設名:博多ポートタワー
  • 住所:〒812-0021 福岡市博多区築港本町14-1
  • 連絡先:092-291-0573(ポートタワー)092-282-5811(ミュージアム)
  • 営業時間(休業日):10:00~22:00(ポートタワー)10:00~17:00(ミュージアム※入場は20分前まで)※2020年4月現在休館中:2019年6月10日~2020年6月頃(見込み)
  • 場所の公式サイトのURL:博多ポートタワー

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
奈々子
南の島から福岡県に嫁いできて、現在3歳差兄弟育児に奮闘中の30代元干物主婦。福岡の子連れお出かけ情報、DIYや手作りのこと、懸賞生活のこと、日常におけるたくさんの「やってみた!」を備忘録として記録しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© コソダテアレコレ , 2016 All Rights Reserved.